わきがの治療法について

わきの下の臭いは、「わきが」と言われ、他人が気付いてしまうほど の強い臭いから、自分だけが気になってしまう程度の臭いのものまであります。
これらは、わきが治療を行うことで改善され、男女を問わず多くの患者様がご来院されます。また、わきの汗の量が多い方も、わきが治療を行うことで、解消することができます。
豊富な症例実績を持つ銀座ファインケアクリニックでは、他院でわきが治療をしたけど、まだ臭いや汗が気になるという方や、わきが対策のデオドラント製品などが効かないなどの方々に、片ワキ約17,500円 両ワキ約35,800円(3割負担の方)という少ない負担で、わきが治療を行っております。
片ワキ 約17,500円 両ワキ 約35,800円
※3割負担の方の場合

皮弁法について保険適応

わきの真ん中をしわに沿って数センチ切開し、直接汗腺を取るという方法です。腋臭症に対する治療効果は最も高く、また多汗症の治療としても効果があります。局部麻酔をしますので、痛みはまったくありません。
STEP.1

局部麻酔の後、目立たない皮膚のシワに沿って、2~3cm切開します。

STEP.2

ひとつずつ丁寧にアポクリン腺を除去します。

術後の写真 傷跡を気になさる方が多いですが術後2~3年でこの程度になります。
入院の必要性 ワキガ保険適用治療・手術には入院の必要はありません。

事前準備

前日の飲酒はお控えください。ご来院時には、ゆとりのある前空きのシャツなどの服装でご来院ください。手術後にワキを固定しますので、脱ぎ着がしやすい服装をおすすめ致します。当日はお車やバイクでのご来院はお控えくだ さい。また、必ず保険証をご持参ください。
麻酔の種類 局所麻酔になります。
注意事項 妊娠中の方、局所麻酔にアレルギーのある方はワキガ手術ができません。
この治療は保険診療が適用されるので、およそ片ワキ約17,500円という少ない負担での治療が可能です。他のわきがの治療方法と比べても負担が少なくなっています。

皮弁法とその他治療との比較

皮弁法 その他の治療
わきが改善の効果は? 医師が直視でアポクリン腺を除去するため永続的 永続的ではない治療もあり
治療費の違いは? 保険適用なので安価で明確 自由診療なので高額で不明瞭
多汗症改善の効果は? 有効 中には有効ではない治療もあり